学校で学ばないこと

学校で学ばないこと

心身の健康はまず腸を整えることから

腸活という言葉を最近よく耳にするように、最近では健康における腸の重要性が広く認識されはじめ、腸内環境を良くしようとか、腸内細菌のバランスを整えましょうということが様々なところで言われております。実際、腸の重要性を強調する本や論文は、大量にあるように腸の健康なしでは健康を語れませんというぐらい、腸を健康にすることは、健康になるための最重要課題となってきております。 腸内に進む細菌や真菌は、人体と環境間で起きる相互作用を決め、アレルギーや自己免疫疾患の発症や予防にもかかわっている。肥満や糖尿病を引き起こすのを防ぐのも、体内の炎症を抑えるのも悪化させるのもこれらの細菌だ。腸内細菌が健康と幸福に欠かせないという証拠は豊富にあり、このことは生活習慣や医療、食事に係る選択をするときは、腸内細菌に与える影響を慎重に考慮する必要があることを意味します。私たちは普段生活しているとき、腸内細菌を意識していないかもしれないが、自分の行動がどのように腸内細菌に影響を与えるのか、どうすれば腸内細菌が喜んでくれ、そしてどうすれば腸内細菌が悲鳴をあげてしまうのかということをしっかりと認識しておく必要があるんですね。また医学博士である江田証さんの「新しい腸の教科書 健康な体はすべて腸から始まる」という有名な本の中でも、腸の重要性が強調されているんです。江田博士は本書の中で次のように述べております。最近になり、腸は全身に大きな影響を与えていることがわかってきました。腸は全身の臓器とつながっており、お互いに影響を及ぼしあっているのです。つまり腸について理解し腸を整えることは、全身の健康につながり、健やかに長生きするために必要不可欠の課題と言えます。腸を整えることで、今までよくわからなかった体の不調がもつれた糸がほどけるように良くなります。また、腸の不調や病気の症状がない人でも腸をリセットすることで、認知症やパーキンソン病などの脳の病気、動脈硬化などの血管の病気、肝臓がんや大腸がんなどを未然に防ぎ、病の対策として役立てることができます。昔は腸内細菌は腸にしか影響をあたえていないだろうと思われていたわけなんですが、近年の研究などによって、腸は全身の健康に大きな影響を与えているんだということが次々に明らかになっております。当然のことですが、健康になりたければ、腸を健康にしなければいけないということになるんです。 上記の通り、腸の重要性についてご理解いただけたかと思います。しかし、残念なことに現代人は腸の状態がどんどん悪くなっているそうなんです。特に日本人の腸内細菌の数は戦前と比べると、1/3ぐらいに減少しているそうです。その理由は、野菜などからの食物繊維の摂取量が減っているといった食生活の大きな変化にあるんです。また、腸は免疫システムにとって非常に重要な役割を果たしております。そのため、食物繊維を餌にしている腸内細菌が減少し、それに伴い免疫力も低下し、さらに免疫のバランスも崩れてしまう為、アレルギー疾患が増えているんだと考えられているんです。
学校で学ばないこと

陰謀論について知っておくべき3つのこと

今般、日本をはじめ全世界的に新型コロナウイルスが流行しており、今までの生活環境が大きく変化しています。例年、年末年始は実家へ帰省することが当たり前になっていたものの、感染を恐れて帰省することを断念している人も多いかと思います。私自身、年末年始は実家に帰省することが当たり前になっていたのですが、その当たり前がもう3年くらいできていない状況です。私は家族、そして実家の両親は新型コロナウイルスのワクチンは接種済みですが、オミクロン株の影響により、また再拡大しそうな感じがしております。そのような状況ですが、私の会社では3回目のワクチン接種の意向確認がありました。今ではワクチンを受けることが当たり前になりつつありますが、私の周りではワクチンを接種しない、家族から接種しないでほしいという要望があり、摂取したくても摂取できない人もいます。副作用の影響がどうとか、コロナウイルスについても陰謀論がどうとか様々な意見の食い違いがあります。実際、インターネットで新型コロナウイルスの発生源、なぜ拡大したのか、ワクチンの効果はどうなのか、いつ収束するのか、色々な情報が飛び交い何が重要な情報なのかが判断することが難しくなっています。 皆さんは陰謀論に対してどのようなイメージを持っているでしょうか?信じている人は頭がおかしい人たち、そんなイメージを持っている人が多いんじゃないかなと思います。しかしよく考えて欲しいです。あなたはなぜ陰謀論をデマだと考えているのでしょうか?世の中の多くの人が陰謀論についてはよく知らないのに、どうせ陰謀論だから電話なんじゃないかと決めつけてしまっています。私達は、陰謀論を大して知らないにも関わらず、なぜか陰謀論はデマで、陰謀論を信じる人はおかしい人という考えに取り付かれてしまっているんです。もしかしたら、陰謀論はデマだという考えを私達に植え付けた存在がいるのではないでしょうか?陰謀論者が高い場合される世の中が都合がいいという人たちが存在するのではないでしょうか?今、この国の裏側では熾烈な情報戦が行われている日本は平和でも何でもなく、むしろ暗い闘争だって聞かしてきていること、そんな中で、人々は何も知らずに生きているこのままではシステムに食い殺されるということになるのは間違いない。何が正しくて何が正しくないかの判断は、あなた自身がしなければなりません。
学校で学ばないこと

もう内臓脂肪はこわくない! 知っておくべき3つの栄養素

次におすすめしたいのは発酵食品です。発酵食品が健康に良いからしっかり食べようというのは、皆さんこれまで何度も聞いたことあるかと思います。しかし、実際は日常的に摂取できていない人がいいのではないでしょうか?ですから最初に発酵食品を摂取してしまうというのは素晴らしいことです。発酵食品は腸の健康に役立ててくれるだけではなくて、内臓脂肪を減らしてくれるということがわかっています。複数の研究によって、私達の腸に有益な腸内細菌が増えれば、内臓脂肪が減少するということがわかっております。朝一にヨーグルトなど発酵食品を取り入れると、消化を助けてくれたり、体重や体脂肪が減るということがわかっております。 例えば朝にあまり時間がないという人は、ヨーグルトとブルーベリーを買っておいて、朝一でサクッとブルーベリーヨーグルトを食べるようにすれば、発酵食品も取れるし、水溶性食物繊維も摂れるのでおすすめです。東大医学部卒の後藤夫先生が書かれた乳酸菌が全てを解決するという本の中では、乳酸菌がもたらすメリットがたくさん強調されております。乳酸菌を摂ることによって、腸が綺麗に整い、体の中から少しずつ体質が改善され、様々な健康効果が得られることは、既に多くの実験研究により証明されていて、乳酸菌は排便関係だけでなく、胃潰瘍、心臓病や脳卒中の要因、免疫の肌の状態、口内環境メンタルヘルスなどにも効果を発揮するそうです。ただ、腸内の善玉菌が優勢になると腸内が整理され、悪玉菌の増殖やそれに伴う有害物質の生成が抑えられるとともに、外から侵入した有害な人もほとんど死滅するそうです。 このように、乳酸菌には様々なメリットがあります。そして、乳酸菌を摂るなら、ヨーグルトが最適であると本書には書かれております。ですから、朝一にヨーグルトを摂取するのは良い選択かもしれません。ヨーグルトを選ぶときは、ドリンクタイプ、固形タイプなどに関わらず、菌数は100億個以上生きて腸まで届くという記載があるほど長く腸にとどまると記載されているものを基準に選ぶようにすると良いそうですから、ぜひ参考にしてください。また、ヨーグルトだけでなく、味噌汁も非常に優れた発酵食品ですから、朝に味噌汁を食べるというのも良い選択だと思います。味噌汁にわかめや海苔などを入れて食べていただければ、発酵食品と水溶性食物繊維が豊富な海藻類を同時に摂ることができますから、これもおすすめです。
学校で学ばないこと

内臓脂肪をしっかりと理解しましょう。

さて皆さんは、どんな朝食を食べているでしょうか?パンにジャムを塗って食べていますという人や、あるいは時間がないからコンビニなどでおにぎりやプロテインバーを買って済ませているという人もいるでしょう。それらは、皆さんもわかっていると思いますが、あまり健康によろしいものとは言えません。 はっきり言って、こういったものを食べていると、内臓脂肪が蓄積し、太っていってしまうことが予想されます。そこで今回は、朝食に食べるだけで、内臓脂肪を減らしてくれたり、その他様々な健康効果が得られる、おすすめの朝食を皆さんにご紹介していきたいと思います。そして、その前にそもそも内臓脂肪はなぜこんなにも危険だ危険だと言われているのかということをサクッと説明しましょう。 さて、年を取ってくるにつれてお腹がね、ぽっこりと出てしまう人が増えているそうです。特に今回の新型コロナウイルスの蔓延によって、食べ過ぎや飲みすぎ、ストレスによる暴飲暴食、それに加えて外に出れないため、運動不足などに陥ってしまい、内臓脂肪が気になる人が急増しているそうです。内臓脂肪とは、肝臓や腸といった私達の体の中にある臓器の周りにこびりついている体脂肪のことであり、ぽっこりお腹の原因であると言われています。 つまり、今お腹がぽっこり出てしまっている人は、内臓脂肪が既に十分蓄積してしまっているということであります。別にちょっとぐらいお腹出ててもいいと軽く考えている人もいるかもしれませんが、実はこの内臓脂肪というのはとても危険なものであり、一刻も早く減らすべきものであるということをまず最初に知っておいてほしいのです。 私達が健康に生きていくために、適度な内臓脂肪は必要なんですが、内臓脂肪が増えすぎてしまうと、様々な弊害を引き起こすことになります。別にぽっこりお腹が出ていても、別に体調悪くないから問題ないでしょと言って、内臓脂肪を放置してしまうと、生活習慣病をはじめとした様々な病気を引き起こし、取り返しのつかない状態になってしまいます。内臓脂肪が万病を引き起こすというのを、よく言われていることであります。 例えば、内臓脂肪がたくさん蓄積してしまうと、糖尿病、高血圧、がん、動脈硬化、脳卒中、心臓病、認知症、脂質異常症、骨粗鬆症など、あらゆる病気のリスクが高まってしまうと言われておりますので、早めに手を打っておくに越したことはありません栗原剛医師が監修されている眠れなくなるほど面白い図解内臓脂肪の話という本の中でも、次のように内臓脂肪の危険性が指摘されております。 内臓脂肪が危険な理由の一つは、長寿ホルモンと呼ばれるアディポネクチンの働きを阻害してしまいます。アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌される生理活性物質の一つで、体内で糖の代謝をスムーズにして血糖値を下げたり、結果を広げて血圧を下げたり、細胞壁
学校で学ばないこと

人生で学ぶべき5つの社会的心理学

社会心理学とは  対人関係に悩みを抱えている、今の時代に生きづらさを感じているなど悩みを抱えている人はぜひこの記事を読んで参考にしてみてください。私たちの行動は自分の意思で行動しているように思えますが、無意識のうちにある法則に基づい...
学校で学ばないこと

あなたは幸せになるためにの知識はありますか?

自分にとって何が幸せなのか知っていますか?  「幸せになるためには何が必要でしょうか?」と聞かれたらあなたはなんと答えるでしょうか?金持ちになって、いい車に乗って、広い家に住んで、毎日おいしいものを食べてというのが世間一般的な幸せだ...
学校で学ばないこと

ダイエットするならカロリーを気にするな! 太る原因は食べ過ぎではなく、何を食べるかが重要である。

カロリーを取りすぎるということは太るということが常識になっている人が多いのではないでしょうか?それもそのはず、外食やテイクアウトのメニューには「○○kcal」という表記が当たり前になっています。さらに今や1日の摂取となるカロリーまで目安としてあるため、その基準以内にしようという意識が働きます。その基準を守っていれば健康になって痩せることができるという誤った解釈に陥りやすく勘違いをしている方が多くいます。 人間が太るメカニズムとしては摂取した糖質(ブドウ糖)が余ってしまい、脂肪として貯蓄してしまうためです。逆に糖質を制限するとブドウ糖(グリコーゲン)や脂肪を燃焼し、エネルギーとして使われるのでカロリーが影響するのではなく、糖質が影響し肥満に影響を及ぼします。 さらに糖質というのは体が糖質不足になっていない状態であっても脳が糖質を取りたがっている、いわゆる「糖質中毒」になる可能性があります。このような状態になると脳は快楽を求めるようになってしまい、糖質に依存してしまい低血糖状態になりやすくなってしまいます。糖質を摂取すると血糖値が急上昇しますが、その反動で急激に下がってしまいます。そうなると血糖値を上げたくなりさらに糖質を求めるようになり、悪循環に陥りやすくなります。 今や生活習慣病の糖尿病は6人に1人の割合で発症しているかもしくは予備軍であります。 糖尿病自体では死を招くことはありませんが、多くの合併症を引き起こしやすくなります。その糖尿病にならないためにも糖質制限が最も重要だと言えます。
学校で学ばないこと

車購入の残価設定型ローンの落とし穴 知っておくべき5つのポイント

お金がないものの車を購入または買い替えを検討している方であれば「残価設定型ローン」を利用しようとしている方が多いかと思います。月々の支払いを安くしたいとディーラーで相談すると間違いなく残価設定型ローンを勧められます。見かけ上は安くなったように見えますが、トータルで見たときには高くつくような仕組みとなっています。しかしその仕組みが少しややこしいうえに残価設定型ローンを本格的に導入されてから年月が浅いこと、さらにディーラーの方はメリットだけしか教えてくれないので後から後悔するリスクが非常に高くなると思われます。 収入面や車を利用する頻度など残価設定型ローンに向いている人もいれば不向きな人もいるため、しっかりと制度自体を理解たうえで利用するかどうか検討してみてください。
学校で学ばないこと

空腹こそ最強のパワー 体の老廃物を排出しましょう!

病気や体の不調というのはカロリーの取りすぎが原因で引き起こしていることが多くあります。なぜなら無意識のうちにカロリーを過剰摂取してしまっており、気付かないうちにカロリーオーバーとなっていることが多いかと思います。1日の成人が摂取すべきカロリーは1800~2200Kcalとなっています。それにも関わらず、現代の常識では1日3食を食べるということが当たり前になっており、外食のメニューはどれも1000Kcalを超えるものばかりとなっております。ですので1回外食をすればその日はカロリーを1.5~2倍摂取することになりカロリーオーバーとなってしまいます。カロリーをオーバーすると肥満となり、糖尿病や脳出血、脳梗塞、がんなどの病気のもととなります。 それだけではなく1日3食という生活を続けていると内臓が消化しきれなくなり、内臓が疲弊していしまいます。そうなってしまうと栄養素の吸収率の低下や老廃物の排出能力の低下、さらには免疫力の低下などの症状が出てきてしまいます。1日3食を食べるようになってからあらゆる病気を引き起こしているというデータがあるように、その反面1日3食がよいという根拠となるデータはありません。
学校で学ばないこと

新型コロナウイルスについて知っておくべき3つのこと

新型コロナウイルス感染症というのは「COVID-19」という名前の病気です。「COronaVIrus」(コロナウイルス)が2019年に流行したということで、「COVID-19」と名付けられました。 コロナウイルスというのはこれまでに判明していただけで6種類ありそのうち4種類が風邪の原因とされてきました。残りの2種類は「SARS」と「MARS」となり、今回発見された新型コロナウイルスというのがコロナウイルスで7番目に見つかった人に感染するウイルスとなります。
タイトルとURLをコピーしました