生活

副業

楽天証券を開設したら設定するべき3つのこと

①マネーブリッジ(楽天銀行との口座連携サービス) ②クレジット決済で1%還元 ③ポイント投資
学校で学ばないこと

慢性疲労を解消するための3つのポイント! 無意識の習慣を変えることからはじめましょう!

現代人は慢性疲労に悩まされている、または慢性疲労が常態化しており、自分自身が慢性疲労かどうかもわからない人が増えていると言われております。さらに新型コロナウイルスの影響もあり、従業員を在宅勤務へシフトしている企業も多くあります。会社へ出社しなくてもよくなった一方で運動不足や環境が整っていない自宅でのパソコン作業による体への負担というのはどんどん積み重なっていき、やがて心身を蝕んでいきます。今まで嫌々会社へ出社していたものが、実は体の健康には良かったものや会社のデスクや照明、空調設備、防音等が良かったりする場合も多かったりします。とはいうものの変化する環境に対応するためには、自分自身の行動をよく見直し、無意識によい行動を行うことと良いルーチンワークを築いていくことが重要かなと思い、3つのポイントを紹介していきたいと思います。
学校で学ばないこと

水の「硬水」と「軟水」どちらを飲むべき?違いは?

 硬水と軟水の違いはカルシウムやミネラルの含有量で決まってきます。1ℓあたりにカルシウムやミネラルを120mg以上含有していると「硬水」、120mg未満であれば「軟水」という分類になります。 定義としてはこのようになりますが、ではなぜ水に種類があるのでしょうか?それは国土の地形の広さに違いがあるためであります。わかりやすく解説すると、そもそも水というのは雨が山に降り地面へ浸透し、やがて川へ流れ出てきたものを汲み取り浄水し、私達が飲んでいるというような流れになります。カルシウムやミネラルというのは地面へ浸透して流れ出てくるまでの間に水分の成分として含有されます。日本の国土は海外と比較して小さいため、雨が降り川へ流れ出てくるまでの時間が短いことから、日本産のミネラルウォーターはカルシウムやミネラルの含有量が少ない軟水が多く販売されております。またその反対としてフランス等、外国は国土が広いためカルシウムやミネラルを多く含む水、硬水が多く販売されております。
学校で学ばないこと

悩みを哲学的に考え解消してみては?①

皆さんは功利主義という哲学をご存知でしょうか?産業革命期のイギリスで提唱された考え方ひとつで生み出される幸福の量が増大する行動こそ正しく、苦痛の量が増大する行動は間違っているという哲学です。正しさよりも快楽の量を重んじ、内容やプロセスよりも結果を重んじる、ある意味厳禁な哲学であると言えるでしょう。経済が発展し、人々の生活が豊かになった時代を反映する哲学であり理性やモラルはなく、快楽と苦痛によって生きているというも、蓋も無い人間理解を土台にしています。このような考え方は欲望に突き動かされる現代の私たちにも通じるのではないでしょうか。 そこで功利主義に基づいて、私達がなぜダイエットをつけられないの考えてみたら面白いかもしれません。功利主義的に考えるとダイエットが続かないことや、ダイエットをサボること、また一種の快楽が原因だということになります。甘いもの、夜食を我慢せずに食べる間というのは強烈なものがあります。痩せようと心に決めたもの。どうしても深夜にラーメンが食べたくなるという強い欲望時に自分は痩せるんだという理性の働きを凌駕してしまいます。このようにダイエットが続かないことは、功利主義によればそれほど強い快楽だからしょうがないということになってしまうんです。このように正しさや良さを追求する哲学の伝統を打ち破り、人間本来のあり方に迫って快楽というものを見た効率が確かに理にかなった考えかもしれませんが、これはダイエットが続かない私たちの根源的な悩みは解決されません。そこで登場するのが、19世紀イギリスの哲学者JSミルです。ミルは功利主義の生みの親、ジェレミベンサムの思想を深化させ、功利主義の考えをよりバージョンアップさせた。快楽には量だけではなく質もあると唱えました。人は二つの快楽が目の前に、質の高い方を選ぶのだというのです。高級な快と低級な快どちらも知り、どちら
学校で学ばないこと

これを摂取すれば炎症とアレルギーを抑えられる 効果的なサプリ3選

そもそも炎症とは何か、なんで炎症を軽減しなければいけないのか、炎症というものがいかに悪いのか、そしておそらくあなたの体にも炎症が起こっているんだと解説して行きたいと思います。皆さんは炎症と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?最近ではあらゆるところで炎症が悪い現象であり体に悪いと何て言われています。体が炎症を起こしていると言われると、マイナスイメージを持つ人が多いのではないかと思います。炎症とは定義を述べると傷が感染アレルギーなどの反応によって、その影響を受けた場所が赤く腫れて熱を持ち、痛みを感じたりする状態を指します。そして炎症には急性炎症と慢性炎症の2種類があります。どこかをガンと強く打ってしまったりすると、そこが赤くなって腫れていますよね。それは体内で血液やが白血球が怪我をした部分に押し寄せて行き、そこで修復作業を始めてくれているからなんです。このように何か怪我をして、そこが腫れるいったものは急性の炎症なんです。急性の炎症というのは基本的に傷を治すために起こりますから、 一時的な炎症はあなたの体が一生懸命傷を治そうとしている証拠であって、体にとって必要不可欠なものであります。では、世間一般で言われている炎症が悪いというのはどういう現象を指すのか?それは炎症が慢性的に起こっている場合です。つまり、長時間炎症が持続している慢性炎症です。一時的な傷や怪我を治すための急性炎症であれば問題ありませんが、慢性的な炎症というのは、私たちの体がじわじわと燃え続けている状態であり、非常に好ましくない状態とされております。慢性的に炎症が起こりじわじわと私たちのほうが燃えてる状態が悪いというのは、皆さん何となくイメージできるのではないでしょうか?炎症状態が持続すると、生体組織の機能や構造に異常が生じて様々な疾患や病気の原因になるということが知られております。最近の研究によって、これまで慢性炎症との関連についてはほとんど考えられていなかった病気でも、実は慢性炎症が関わっているんだということがわかってきております。加齢とともに増加するガンとか動脈硬化とか肥満、アルツハイマー病などの様々な疾患、さらには老化そのものが慢性的な炎症によって病状が進行するのではないかと考えられる証拠が見つかってきております。様々な疾患の原因になったり、さらに老化してしまいたくないならば、慢性的な炎症をなんとかしなくてはいけないということになるわけなんです。体のどこかが炎症起こしていると、それは私たちの脳にも悪影響を与えてしまい、脳のパフォーマンス、特に学習能力、記憶力が損なわれてしまうということが証明されております。そして皆さんは今なんだか調子が悪いとかよく寝たはずなのに、なぜか疲れが取れないといった謎の体調不良を抱えていないでしょうか?おそらくその謎の体調不良の原因は、あなたの体が炎症を起こしているからです。2017年にカロリンスカ研究所のチームが行った約5万人を対象にした調査によると 謎の体調不良を抱えている人は、体内の炎症レベルが高いという事が判明しているんです。要するに、なんだかしんどいなとか、なんかいつも疲れているといった症状を抱えている人を調べてみると、そういった症状がない人よりも体内で炎症が起きていたということなんです。もし皆さんがなんだか体調が悪いなと思っているなら、あなたの体の中で炎症が起こっている確率がかなり高いと言えるでしょう。カロリンスカ研究所の調査からも、謎の体調不良と炎症は関連性があるということがしっかり分かっているからであります。 ではなぜこのよくない慢性的な炎症が起きてしまうのでしょうか?さまざまな原因が指摘されております。例えば、睡眠不足ある研究は、毎晩6時間以下の睡眠で1週間を過ごした場合、炎症や免疫系、ストレス反応に関連する711個の遺伝子の発現に影響が出たと報告されております。そして、睡眠不足に加えて、内臓脂肪も慢性炎症の原因と言われております。適正な脂肪であれば問題ないんですが、余分な内臓脂肪からは炎症物質が分泌されるようになるそうです。内臓脂肪は内臓の毛細血管陥に近いですから、その炎症物質が血液を通して全身に周り体のどこかに落ち着くことが繰り返されると、それが慢性炎症の原因になっているといわれているんです。そして、睡眠不足や内臓脂肪に加えて、当然私たちが日々口にする食べ物も慢性炎症に、大きな影響を与えていると言われています。 例えば、私たちに炎症を引き起こす炎症性食品には次のようなものがあります。炎症を引き起こす危険すぎる食べ物 1.グルテン 2.砂糖とブドウ糖果糖液糖 3.植物油と種子油 4.生成された炭水化物 5.砂糖入りの甘い飲み物 6.揚げ物(フライドポテトおよびその他の揚げ物) 7.赤身肉と加工肉 これらの物は炎症を引き起こしてしまいますから、日常生活の中でこれの摂取量をできるだけ減らして行く努力を私たちはしなければいけないわけです。さて、これまで説明したように、睡眠不足とか内臓脂肪が多すぎるとか、炎症性食品を食べてしまうとかそういった炎症起こしてしまう原因を取り除くのと、同時に炎症を減らすうえで、炎症を減らしてくれるサプリメントを摂取することも有効だとされています。これまでの説明によって、炎症というものがいかにやばいのか、そして炎症の中で慢性炎症がやばいんだと、そして慢性炎症を引き起こす原因について理解していただけたと思います。
学校で学ばないこと

腸にとってやってはいけないこと 摂取するべきもの 摂取してはいけないもの

食物繊維が腸内細菌のエサになりますので、腸のために食物繊維を食べましょうと最近あらゆるところでいわれております。ではどんな食べ物を食べれば食物繊維をしっかりと効率的に補充することができるのでしょうか?さまざまなメディアでも有名な順天堂大学医学部教授である小林弘幸先生が書かれた「20歳若返る食物繊維免疫力がアップする健康革命」という本の中で、小林先生は食物繊維が非常に豊富に含まれている食材をご紹介しています。 ・野菜類:特に食物繊維が豊富なのは、パセリ、ごぼう、オクラ、ブロッコリー、ほうれん草、にんじんなど ・果物:特に食物繊維が豊富なのはアボカド、グアバ、レモン、ブルーベリーなど ・豆大豆類:特に食物繊維が豊富なのはインゲン豆、小豆、大豆など。これらは根菜やイモ類以上の食物繊維を含んでいるそうです。 ・種実類:アーモンド、ピスタチオ、カシューナッツなどは間食に取り入れるのがおすすめです。 ・きのこ類:きのこ類全般 ・海藻類:海藻類全般 上記の食材を積極的に食べていただければと思います。
学校で学ばないこと

腸にとってやってはいけないこと お酒好きは要注意を

昨今、健康ブームにおいて腸活という言葉が浸透してきており、健康を語るうえで重要視されてきている臓器が腸です。 腸はアレルギーや自己免疫疾患の発症や予防にもかかわっています。腸の不調や病気の症状がない人でも腸をリセットすることで、認知症やパーキンソン病などの脳の病気、動脈硬化などの血管の病気、肝臓がんや大腸がんなどを未然に防ぎ、病の対策として役立てることができます。昔は腸内細菌は腸にしか影響をあたえていないだろうと思われていたわけなんですが、近年の研究などによって、腸は全身の健康に大きな影響を与えているんだということが次々に明らかになっております。当然のことですが、健康になりたければ、腸を健康にしなければいけないということになるんです。しかし、残念なことに現代人は腸の状態がどんどん悪くなっているそうなんです。特に日本人の腸内細菌の数は戦前と比べると、1/3ぐらいに減少しているそうです。これは日本人の食生活が変化し、時代変化とともに美味しいものや甘いもの、簡単に調理ができるものを優先してしまった結果、腸内細菌が減少してしまったと考えられています。 このように食文化の変化と腸内細菌の知識が認知されていないことにより、体への不調が発生しているわけなのです。かといって食文化を昔のように戻すというわけではなく、腸内環境にとって何が良いのかしっかりと正しい知識を蓄え、実践することが重要ではないかと思います。 また、腸を整えることは別記事でまとめておりますので、ぜひ参考にしてみてください。
学校で学ばないこと

心身の健康はまず腸を整えることから

腸活という言葉を最近よく耳にするように、最近では健康における腸の重要性が広く認識されはじめ、腸内環境を良くしようとか、腸内細菌のバランスを整えましょうということが様々なところで言われております。実際、腸の重要性を強調する本や論文は、大量にあるように腸の健康なしでは健康を語れませんというぐらい、腸を健康にすることは、健康になるための最重要課題となってきております。 腸内に進む細菌や真菌は、人体と環境間で起きる相互作用を決め、アレルギーや自己免疫疾患の発症や予防にもかかわっている。肥満や糖尿病を引き起こすのを防ぐのも、体内の炎症を抑えるのも悪化させるのもこれらの細菌だ。腸内細菌が健康と幸福に欠かせないという証拠は豊富にあり、このことは生活習慣や医療、食事に係る選択をするときは、腸内細菌に与える影響を慎重に考慮する必要があることを意味します。私たちは普段生活しているとき、腸内細菌を意識していないかもしれないが、自分の行動がどのように腸内細菌に影響を与えるのか、どうすれば腸内細菌が喜んでくれ、そしてどうすれば腸内細菌が悲鳴をあげてしまうのかということをしっかりと認識しておく必要があるんですね。また医学博士である江田証さんの「新しい腸の教科書 健康な体はすべて腸から始まる」という有名な本の中でも、腸の重要性が強調されているんです。江田博士は本書の中で次のように述べております。最近になり、腸は全身に大きな影響を与えていることがわかってきました。腸は全身の臓器とつながっており、お互いに影響を及ぼしあっているのです。つまり腸について理解し腸を整えることは、全身の健康につながり、健やかに長生きするために必要不可欠の課題と言えます。腸を整えることで、今までよくわからなかった体の不調がもつれた糸がほどけるように良くなります。また、腸の不調や病気の症状がない人でも腸をリセットすることで、認知症やパーキンソン病などの脳の病気、動脈硬化などの血管の病気、肝臓がんや大腸がんなどを未然に防ぎ、病の対策として役立てることができます。昔は腸内細菌は腸にしか影響をあたえていないだろうと思われていたわけなんですが、近年の研究などによって、腸は全身の健康に大きな影響を与えているんだということが次々に明らかになっております。当然のことですが、健康になりたければ、腸を健康にしなければいけないということになるんです。 上記の通り、腸の重要性についてご理解いただけたかと思います。しかし、残念なことに現代人は腸の状態がどんどん悪くなっているそうなんです。特に日本人の腸内細菌の数は戦前と比べると、1/3ぐらいに減少しているそうです。その理由は、野菜などからの食物繊維の摂取量が減っているといった食生活の大きな変化にあるんです。また、腸は免疫システムにとって非常に重要な役割を果たしております。そのため、食物繊維を餌にしている腸内細菌が減少し、それに伴い免疫力も低下し、さらに免疫のバランスも崩れてしまう為、アレルギー疾患が増えているんだと考えられているんです。
学校で学ばないこと

もう内臓脂肪はこわくない! 知っておくべき3つの栄養素

次におすすめしたいのは発酵食品です。発酵食品が健康に良いからしっかり食べようというのは、皆さんこれまで何度も聞いたことあるかと思います。しかし、実際は日常的に摂取できていない人がいいのではないでしょうか?ですから最初に発酵食品を摂取してしまうというのは素晴らしいことです。発酵食品は腸の健康に役立ててくれるだけではなくて、内臓脂肪を減らしてくれるということがわかっています。複数の研究によって、私達の腸に有益な腸内細菌が増えれば、内臓脂肪が減少するということがわかっております。朝一にヨーグルトなど発酵食品を取り入れると、消化を助けてくれたり、体重や体脂肪が減るということがわかっております。 例えば朝にあまり時間がないという人は、ヨーグルトとブルーベリーを買っておいて、朝一でサクッとブルーベリーヨーグルトを食べるようにすれば、発酵食品も取れるし、水溶性食物繊維も摂れるのでおすすめです。東大医学部卒の後藤夫先生が書かれた乳酸菌が全てを解決するという本の中では、乳酸菌がもたらすメリットがたくさん強調されております。乳酸菌を摂ることによって、腸が綺麗に整い、体の中から少しずつ体質が改善され、様々な健康効果が得られることは、既に多くの実験研究により証明されていて、乳酸菌は排便関係だけでなく、胃潰瘍、心臓病や脳卒中の要因、免疫の肌の状態、口内環境メンタルヘルスなどにも効果を発揮するそうです。ただ、腸内の善玉菌が優勢になると腸内が整理され、悪玉菌の増殖やそれに伴う有害物質の生成が抑えられるとともに、外から侵入した有害な人もほとんど死滅するそうです。 このように、乳酸菌には様々なメリットがあります。そして、乳酸菌を摂るなら、ヨーグルトが最適であると本書には書かれております。ですから、朝一にヨーグルトを摂取するのは良い選択かもしれません。ヨーグルトを選ぶときは、ドリンクタイプ、固形タイプなどに関わらず、菌数は100億個以上生きて腸まで届くという記載があるほど長く腸にとどまると記載されているものを基準に選ぶようにすると良いそうですから、ぜひ参考にしてください。また、ヨーグルトだけでなく、味噌汁も非常に優れた発酵食品ですから、朝に味噌汁を食べるというのも良い選択だと思います。味噌汁にわかめや海苔などを入れて食べていただければ、発酵食品と水溶性食物繊維が豊富な海藻類を同時に摂ることができますから、これもおすすめです。
学校で学ばないこと

内臓脂肪をしっかりと理解しましょう。

さて皆さんは、どんな朝食を食べているでしょうか?パンにジャムを塗って食べていますという人や、あるいは時間がないからコンビニなどでおにぎりやプロテインバーを買って済ませているという人もいるでしょう。それらは、皆さんもわかっていると思いますが、あまり健康によろしいものとは言えません。 はっきり言って、こういったものを食べていると、内臓脂肪が蓄積し、太っていってしまうことが予想されます。そこで今回は、朝食に食べるだけで、内臓脂肪を減らしてくれたり、その他様々な健康効果が得られる、おすすめの朝食を皆さんにご紹介していきたいと思います。そして、その前にそもそも内臓脂肪はなぜこんなにも危険だ危険だと言われているのかということをサクッと説明しましょう。 さて、年を取ってくるにつれてお腹がね、ぽっこりと出てしまう人が増えているそうです。特に今回の新型コロナウイルスの蔓延によって、食べ過ぎや飲みすぎ、ストレスによる暴飲暴食、それに加えて外に出れないため、運動不足などに陥ってしまい、内臓脂肪が気になる人が急増しているそうです。内臓脂肪とは、肝臓や腸といった私達の体の中にある臓器の周りにこびりついている体脂肪のことであり、ぽっこりお腹の原因であると言われています。 つまり、今お腹がぽっこり出てしまっている人は、内臓脂肪が既に十分蓄積してしまっているということであります。別にちょっとぐらいお腹出ててもいいと軽く考えている人もいるかもしれませんが、実はこの内臓脂肪というのはとても危険なものであり、一刻も早く減らすべきものであるということをまず最初に知っておいてほしいのです。 私達が健康に生きていくために、適度な内臓脂肪は必要なんですが、内臓脂肪が増えすぎてしまうと、様々な弊害を引き起こすことになります。別にぽっこりお腹が出ていても、別に体調悪くないから問題ないでしょと言って、内臓脂肪を放置してしまうと、生活習慣病をはじめとした様々な病気を引き起こし、取り返しのつかない状態になってしまいます。内臓脂肪が万病を引き起こすというのを、よく言われていることであります。 例えば、内臓脂肪がたくさん蓄積してしまうと、糖尿病、高血圧、がん、動脈硬化、脳卒中、心臓病、認知症、脂質異常症、骨粗鬆症など、あらゆる病気のリスクが高まってしまうと言われておりますので、早めに手を打っておくに越したことはありません栗原剛医師が監修されている眠れなくなるほど面白い図解内臓脂肪の話という本の中でも、次のように内臓脂肪の危険性が指摘されております。 内臓脂肪が危険な理由の一つは、長寿ホルモンと呼ばれるアディポネクチンの働きを阻害してしまいます。アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌される生理活性物質の一つで、体内で糖の代謝をスムーズにして血糖値を下げたり、結果を広げて血圧を下げたり、細胞壁
タイトルとURLをコピーしました