店長と店主の違い

雑学

違いを意識したことがありますか?

 店長と店主、よくテレビの取材で「店主 ○○歳」や「店長 ○○歳」と記載しているのを見たことがあるかと思います。その違いについて間違って把握している方もいるのではないかと思います。
ただの言葉の違いじゃんと思っている方はぜひ本記事を読んでみてください。

店長とは?

 店主とはそのお店の運営・管理を任されている最高責任者ではあるものの、会社から雇われている立場のことを意味しています。店長は会社から雇われているため、経営者の方針や目標を理解し、その目標を完遂するために従業員に情報共有や教育を行い、仕組みを作っていくことが重要な役割です。

会社の経営方針によってさまざまなことが左右されることがありますが、経営責任がありません。とはいうものの店長=長時間労働+低収入という傾向が高いようです。

店主とは?

 店主とはそのお店の所有しているため、経営方針や目標は自分のさじ加減で変えることができ、事業がうまくいけば事業拡大を判断することができたり、売り上げから自らの取り分から勤務時間まで調整することが可能です。ですので会社の経営方針と自分の方針に違いが生じるということがありません
ただし、経営が傾いた場合、その赤字は自ら補填する必要があり、金融機関との資金繰り等の調整をしなくてはいけません。

ハイリスクハイリターンではあるものの、事業が軌道に乗れば高収入という傾向が高いようです。

結局違いは?

 結局2つの言葉の違いですが、経営責任があるかどうかだと思います。
自分の中でこの事業をこのようにやりたいという明確な目標や経営方針があり、リスクよりもやりたいことを優先したい方、高収入を狙っている方は店主が向いています。
逆にそこまでやりたいことが明確ではなく安定を求める方は店長が向いています。

店主も店長もお店の最高責任者ということは変わりないのですが、違いがわかれば少し見え方が変わってくるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました