雑学

生活

便秘でお悩みの方必見! 解消するための4つのポイント!

コーヒーを飲むことにより腸の活動が活発になり、便秘が解消されるということがわかっております。その効果というのは男性19%、女性53%ということで便秘になりやすい女性にとっては絶大な効果があることがわかっております。コーヒーを飲んでから10~15分後に効果が表れ、1時間後には効果は無くなるということで自分に適しているかどうかすぐにわかるため手軽にはじめやすいのかなと思います。飲むコーヒーですが缶コーヒーとかではなく、ドリップしたコーヒーの方が効果があるとされております。また、コーヒーはカロリーも低いため食生活に大きく影響はしないかと思います。
学校で学ばないこと

ダイエットするならカロリーを気にするな! 太る原因は食べ過ぎではなく、何を食べるかが重要である。

カロリーを取りすぎるということは太るということが常識になっている人が多いのではないでしょうか?それもそのはず、外食やテイクアウトのメニューには「○○kcal」という表記が当たり前になっています。さらに今や1日の摂取となるカロリーまで目安としてあるため、その基準以内にしようという意識が働きます。その基準を守っていれば健康になって痩せることができるという誤った解釈に陥りやすく勘違いをしている方が多くいます。 人間が太るメカニズムとしては摂取した糖質(ブドウ糖)が余ってしまい、脂肪として貯蓄してしまうためです。逆に糖質を制限するとブドウ糖(グリコーゲン)や脂肪を燃焼し、エネルギーとして使われるのでカロリーが影響するのではなく、糖質が影響し肥満に影響を及ぼします。 さらに糖質というのは体が糖質不足になっていない状態であっても脳が糖質を取りたがっている、いわゆる「糖質中毒」になる可能性があります。このような状態になると脳は快楽を求めるようになってしまい、糖質に依存してしまい低血糖状態になりやすくなってしまいます。糖質を摂取すると血糖値が急上昇しますが、その反動で急激に下がってしまいます。そうなると血糖値を上げたくなりさらに糖質を求めるようになり、悪循環に陥りやすくなります。 今や生活習慣病の糖尿病は6人に1人の割合で発症しているかもしくは予備軍であります。 糖尿病自体では死を招くことはありませんが、多くの合併症を引き起こしやすくなります。その糖尿病にならないためにも糖質制限が最も重要だと言えます。
学校で学ばないこと

車購入の残価設定型ローンの落とし穴 知っておくべき5つのポイント

お金がないものの車を購入または買い替えを検討している方であれば「残価設定型ローン」を利用しようとしている方が多いかと思います。月々の支払いを安くしたいとディーラーで相談すると間違いなく残価設定型ローンを勧められます。見かけ上は安くなったように見えますが、トータルで見たときには高くつくような仕組みとなっています。しかしその仕組みが少しややこしいうえに残価設定型ローンを本格的に導入されてから年月が浅いこと、さらにディーラーの方はメリットだけしか教えてくれないので後から後悔するリスクが非常に高くなると思われます。 収入面や車を利用する頻度など残価設定型ローンに向いている人もいれば不向きな人もいるため、しっかりと制度自体を理解たうえで利用するかどうか検討してみてください。
生活

鼻が不調であることを放置し続けていませんか?

鼻がつまりやすくなっている、息をするのが苦しい、頻繁にくしゃみをする、頭痛がよく起こるなど、いつの間にかこのような症状を発生させており、それを通常の状態として症状を改善させることを放置しておりませんか?それはもしかしたら「慢性副鼻腔炎」という症状かもしれません。 呼吸とは人間が生き延びるうえで体中に酸素を供給するために欠かせないものであります。それだけではなく呼吸と心の安定性というのは深く関連していることもわかっています。そのように心身ともに必要不可欠なものを長年放置しており、ベストなパフォーマンスを発揮することが出来ていないということはありませんか?何かをやるうえでは常に自分自身の能力を最大限に発揮しなければ非常に効率が悪く、無駄な時間ばかりを過ごすことになってしまいます。 実際、私自身も幼いころから慢性副鼻腔炎に悩まされ、定期的に耳鼻科に通院し処方された鼻スプレーを常に持ち歩くという生活をしておりました。親からはこの症状を完治するには鼻の中の歪みを直すため、鼻の左右の穴を仕切る弁を切り取り長さを調整する手術が必要だと言われてきました。しかし、手術をしたくないと思っており、他に何か手段はないかと長年調べていくと様々なセルフケアがあることがわかり実践してみることにしました。
学校で学ばないこと

空腹こそ最強のパワー 体の老廃物を排出しましょう!

病気や体の不調というのはカロリーの取りすぎが原因で引き起こしていることが多くあります。なぜなら無意識のうちにカロリーを過剰摂取してしまっており、気付かないうちにカロリーオーバーとなっていることが多いかと思います。1日の成人が摂取すべきカロリーは1800~2200Kcalとなっています。それにも関わらず、現代の常識では1日3食を食べるということが当たり前になっており、外食のメニューはどれも1000Kcalを超えるものばかりとなっております。ですので1回外食をすればその日はカロリーを1.5~2倍摂取することになりカロリーオーバーとなってしまいます。カロリーをオーバーすると肥満となり、糖尿病や脳出血、脳梗塞、がんなどの病気のもととなります。 それだけではなく1日3食という生活を続けていると内臓が消化しきれなくなり、内臓が疲弊していしまいます。そうなってしまうと栄養素の吸収率の低下や老廃物の排出能力の低下、さらには免疫力の低下などの症状が出てきてしまいます。1日3食を食べるようになってからあらゆる病気を引き起こしているというデータがあるように、その反面1日3食がよいという根拠となるデータはありません。
学校で学ばないこと

メンタルを強くしたいと思っていませんか?  あなたの心を強くする「アファメーション」

自分自身は前向きになれない人間だと決めつけていませんか?  昔から物事をマイナスにとらえてしまったり、少しでもうまくいかないことがあるとくよくよしてしまうことはありませんか?そしてそうなってしまうことが生まれつきそういう性格だからと...
学校で学ばないこと

勉強ができる人は仕事もできるとは限らない 足りないものは何なのか?

「東京大学出身」と聞くとどのような印象を持ちますか?頭が良くて、親がお金持ちで、仕事ができるなどの印象を持たれる方が多いのかなと思いますが、頭が良い=仕事ができるとは限りません。実際、私が勤めている会社にも東京大学出身の方がいて、頭は良いと感じるのですが仕事ができるとはあまり感じたことがない方がいます。専門的なことに関しては特化しているのですが、他の人との調整力や仕事を進めていく計画性がなく、度々問題を発生させてしまっているのを目撃します。 勉強を学ぶ能力である「認知能力」と認知能力以外の能力である「非認知能力」について調べてみることにしました。
生活

就寝時、寝付きが悪い方に必見! これで今晩から安眠です。

慢性的に睡眠不足で悩まされていませんか?睡眠というのは心身の疲労回復をするためにはとても重要なことであり、睡眠不足が長く続けば続くほど解消するのは難しくなってきます。 また、睡眠不足が続くと慢性的な眠気やイライラ感が続き集中力が低下など日常生活に支障が出てきます。 そうならないためにも早めに「睡眠不足の借金」を返済して健康的な日常を過ごしましょう!
生活

コンビニの落とし穴 その商品の裏側を知っていますか?

どこの店舗に行っても安定した商品を提供してくれるコンビニのチェーン店ですが、その安心感と便利さでついつい商品を購入してしまうことがあるかと思います。 消費者の購入意欲を高めるために商品の陳列の仕方や人間の目の錯覚を利用しよりよい商品と思わせる商品もあります。 そのような商品を回避し騙されないようにしましょう!
学校で学ばないこと

会社を辞めようとしている方、この制度をご存じですか?

時間外労働の手当がつかなかったり時間外労働が極端に多い環境で働いており転職を考えている方はいませんか?自分の時間がない状態が続いてしまうと仕事とプライベートのバランスが崩れてしまって、仕事に対するやる気が削がれてしまい労働時間が増えてしまい悪循環となってしまいます。 通常の会社員であれば1日の所定労働時間は8時間の週休2日だとすると人生の2割超を会社生活を送ることになります。 しかし、そこで不当な労働時間を強いられると人生の半分以上の時間を会社に費やしている方もなかにはいます。 よほど会社や仕事が好きで生きがいにしているのだという方であればそのような時間の使い方をしても問題ありませんが、そうでなければ転職することをおススメします。
タイトルとURLをコピーしました