新着記事

生活

カオマンガイとシンガポールチキンライスの違いとは

おしゃれなレストランや輸入品の食材を扱う店舗が増えてきたことにより、カオマンガイやシンガポールチキンライスというものが身近になってきたかと思います。カオマンガイとはタイ料理であり、シンガポールチキンライスはその名の通りシンガポールであります。しかし、それらの食材が似たようなものを使っているため、同じものと誤解をしている人もいるかと思います。それもそのはず、調理方法や使用している食材がほぼ同じなのです。明らかな違いはというとタレが違います。カオマンガイは液状みそ(タオチオ)が基本ベースとして、ニンニクを利かせたタレとなっており、シンガポールチキンライスはダークソイソース、チリソース、ショウガ、レモン汁等を混ぜたタレになっております。
副業

楽天証券を開設したら設定するべき3つのこと

①マネーブリッジ(楽天銀行との口座連携サービス) ②クレジット決済で1%還元 ③ポイント投資
Uncategorized

動画配信サービス「NETFLIX」の会員数が過去10年で初の減少 今後の見通しと株価の変動を予測

NETFLIXは2015年に日本にてストリーミングサービスを配信することを発表してから、幅広いジャンルとテレビさながらの動画内容により有料会員を伸ばしてきました。その勢いは凄まじく、2017年7月には有料会員は1億を超え、今や2億2000万人を超えております。 しかしその会員数が、2021年12月から2022年3月で会員数が20万人減し、ここ10年で初の減少となりました。<br>この減少した原因としては、<br>・ロシアの配信サービス停止<br>・他社との競争が激化<br>が大きく影響しています。 昨今のロシアによるウクライナ進行に伴う世界各国からの制裁として各種サービスの停止があり、動画配信サービスにおいても同様です。このロシアの影響によって約70万人減となっていることが全体の減少傾向に大きく関わっています。この影響はNETFLIXだけではなく、市場の規模自体が縮小しており、必然的な結果として表面化されたということです。ロシアの市場規模というのは、いつ制裁が解かれるという見通しはないものの、70万人減少しているものの全体としては20万人の減少ということで市場規模が縮小している一方、会員数を伸ばしているということがみえてきます。 さらに他社との競争が激しくなっていることが影響しているとしていることも影響していると考えられています。動画配信サービスは「HBO Max」「Disney+」「Paramount+」「Apple TV+」などが参入してきており、そのなかでも「Amazon prime」が2022年3月に大手映画会社「MGM」を1兆円規模で買収したと発表され、今後、本格的な映画配信がされるという見通しであることからもNETFLIXからの会員離れにつながったとみられます。
学校で学ばないこと

「ごと」と「おき」の明確な違いとは? 人によって変わる日本語の解釈

 繰り返し訪れる物事のタイミングとして「ごと」と「おき」という言葉がよく用いられますが、人によってまたは場合によって、はたまた解釈が間違っている人が多いのか伝え手と受け手の解釈が異なることがあります。便利なようでかえって誤解を生じやすいのか、またこれらの言葉を使う時に注意するべきポイントについて解説していきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました