生活

学校で学ばないこと

内臓脂肪をしっかりと理解しましょう。

さて皆さんは、どんな朝食を食べているでしょうか?パンにジャムを塗って食べていますという人や、あるいは時間がないからコンビニなどでおにぎりやプロテインバーを買って済ませているという人もいるでしょう。それらは、皆さんもわかっていると思いますが、あまり健康によろしいものとは言えません。 はっきり言って、こういったものを食べていると、内臓脂肪が蓄積し、太っていってしまうことが予想されます。そこで今回は、朝食に食べるだけで、内臓脂肪を減らしてくれたり、その他様々な健康効果が得られる、おすすめの朝食を皆さんにご紹介していきたいと思います。そして、その前にそもそも内臓脂肪はなぜこんなにも危険だ危険だと言われているのかということをサクッと説明しましょう。 さて、年を取ってくるにつれてお腹がね、ぽっこりと出てしまう人が増えているそうです。特に今回の新型コロナウイルスの蔓延によって、食べ過ぎや飲みすぎ、ストレスによる暴飲暴食、それに加えて外に出れないため、運動不足などに陥ってしまい、内臓脂肪が気になる人が急増しているそうです。内臓脂肪とは、肝臓や腸といった私達の体の中にある臓器の周りにこびりついている体脂肪のことであり、ぽっこりお腹の原因であると言われています。 つまり、今お腹がぽっこり出てしまっている人は、内臓脂肪が既に十分蓄積してしまっているということであります。別にちょっとぐらいお腹出ててもいいと軽く考えている人もいるかもしれませんが、実はこの内臓脂肪というのはとても危険なものであり、一刻も早く減らすべきものであるということをまず最初に知っておいてほしいのです。 私達が健康に生きていくために、適度な内臓脂肪は必要なんですが、内臓脂肪が増えすぎてしまうと、様々な弊害を引き起こすことになります。別にぽっこりお腹が出ていても、別に体調悪くないから問題ないでしょと言って、内臓脂肪を放置してしまうと、生活習慣病をはじめとした様々な病気を引き起こし、取り返しのつかない状態になってしまいます。内臓脂肪が万病を引き起こすというのを、よく言われていることであります。 例えば、内臓脂肪がたくさん蓄積してしまうと、糖尿病、高血圧、がん、動脈硬化、脳卒中、心臓病、認知症、脂質異常症、骨粗鬆症など、あらゆる病気のリスクが高まってしまうと言われておりますので、早めに手を打っておくに越したことはありません栗原剛医師が監修されている眠れなくなるほど面白い図解内臓脂肪の話という本の中でも、次のように内臓脂肪の危険性が指摘されております。 内臓脂肪が危険な理由の一つは、長寿ホルモンと呼ばれるアディポネクチンの働きを阻害してしまいます。アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌される生理活性物質の一つで、体内で糖の代謝をスムーズにして血糖値を下げたり、結果を広げて血圧を下げたり、細胞壁
学校で学ばないこと

人生で学ぶべき5つの社会的心理学

社会心理学とは  対人関係に悩みを抱えている、今の時代に生きづらさを感じているなど悩みを抱えている人はぜひこの記事を読んで参考にしてみてください。私たちの行動は自分の意思で行動しているように思えますが、無意識のうちにある法則に基づい...
生活

便秘でお悩みの方必見! 解消するための4つのポイント!

コーヒーを飲むことにより腸の活動が活発になり、便秘が解消されるということがわかっております。その効果というのは男性19%、女性53%ということで便秘になりやすい女性にとっては絶大な効果があることがわかっております。コーヒーを飲んでから10~15分後に効果が表れ、1時間後には効果は無くなるということで自分に適しているかどうかすぐにわかるため手軽にはじめやすいのかなと思います。飲むコーヒーですが缶コーヒーとかではなく、ドリップしたコーヒーの方が効果があるとされております。また、コーヒーはカロリーも低いため食生活に大きく影響はしないかと思います。
生活

細田守監督の映画「竜とそばかすの姫」を観てきました! 映画を見るにあたり押さえておくべき3つのポイント

細田守監督の映画で2009年に公開された映画「サマーウォーズ」と同様、インターネットの仮想空間を舞台にした映画を再び手掛けています。 ただ単にインターネットといえどもサマーウォーズと異なるところは時代です。サマーウォーズが公開した2009年の主な出来事は、マイケルジャクソンが亡くなったり、裁判員制度が開始された年です。また、インターネット関連でいくと、日本にTwitterというものが流行しはじめた年といわれております。そのような出来事があった年から12年という年月が経ち、様々な変化が私たちの周りでは変化してきました。インターネットが身近になったことにより、若者のテレビ離れやユーチューバーといった「こどもがなりたい職業」の変化であったり、インターネットによる個人の特定やいじめが増えてきました。 そのような便利な時代になりつつも、新たな問題点と向き合わなければならないものの答えがないものにどう対処するのかというところがどのように描かれているかみどころです。 時代背景が時事刻々と移り変わり、今の若者がどのような葛藤があり現実世界と仮想世界はどのように共存していくべきなのかよく描かれていると感じました。

株を購入するポイント これをみれば買い時がわかる!

株を購入する決め手は何ですか?  株を購入するうえで決め手となるものは何があるでしょうか?どのような方法で株で利益を得るかということにより買い方も様々であるため、一概にいつ購入するべきかと決めることはできません。例えば高配当株で利益...
学校で学ばないこと

あなたは幸せになるためにの知識はありますか?

自分にとって何が幸せなのか知っていますか?  「幸せになるためには何が必要でしょうか?」と聞かれたらあなたはなんと答えるでしょうか?金持ちになって、いい車に乗って、広い家に住んで、毎日おいしいものを食べてというのが世間一般的な幸せだ...
学校で学ばないこと

ダイエットするならカロリーを気にするな! 太る原因は食べ過ぎではなく、何を食べるかが重要である。

カロリーを取りすぎるということは太るということが常識になっている人が多いのではないでしょうか?それもそのはず、外食やテイクアウトのメニューには「○○kcal」という表記が当たり前になっています。さらに今や1日の摂取となるカロリーまで目安としてあるため、その基準以内にしようという意識が働きます。その基準を守っていれば健康になって痩せることができるという誤った解釈に陥りやすく勘違いをしている方が多くいます。 人間が太るメカニズムとしては摂取した糖質(ブドウ糖)が余ってしまい、脂肪として貯蓄してしまうためです。逆に糖質を制限するとブドウ糖(グリコーゲン)や脂肪を燃焼し、エネルギーとして使われるのでカロリーが影響するのではなく、糖質が影響し肥満に影響を及ぼします。 さらに糖質というのは体が糖質不足になっていない状態であっても脳が糖質を取りたがっている、いわゆる「糖質中毒」になる可能性があります。このような状態になると脳は快楽を求めるようになってしまい、糖質に依存してしまい低血糖状態になりやすくなってしまいます。糖質を摂取すると血糖値が急上昇しますが、その反動で急激に下がってしまいます。そうなると血糖値を上げたくなりさらに糖質を求めるようになり、悪循環に陥りやすくなります。 今や生活習慣病の糖尿病は6人に1人の割合で発症しているかもしくは予備軍であります。 糖尿病自体では死を招くことはありませんが、多くの合併症を引き起こしやすくなります。その糖尿病にならないためにも糖質制限が最も重要だと言えます。
学校で学ばないこと

車購入の残価設定型ローンの落とし穴 知っておくべき5つのポイント

お金がないものの車を購入または買い替えを検討している方であれば「残価設定型ローン」を利用しようとしている方が多いかと思います。月々の支払いを安くしたいとディーラーで相談すると間違いなく残価設定型ローンを勧められます。見かけ上は安くなったように見えますが、トータルで見たときには高くつくような仕組みとなっています。しかしその仕組みが少しややこしいうえに残価設定型ローンを本格的に導入されてから年月が浅いこと、さらにディーラーの方はメリットだけしか教えてくれないので後から後悔するリスクが非常に高くなると思われます。 収入面や車を利用する頻度など残価設定型ローンに向いている人もいれば不向きな人もいるため、しっかりと制度自体を理解たうえで利用するかどうか検討してみてください。
生活

鼻が不調であることを放置し続けていませんか?

鼻がつまりやすくなっている、息をするのが苦しい、頻繁にくしゃみをする、頭痛がよく起こるなど、いつの間にかこのような症状を発生させており、それを通常の状態として症状を改善させることを放置しておりませんか?それはもしかしたら「慢性副鼻腔炎」という症状かもしれません。 呼吸とは人間が生き延びるうえで体中に酸素を供給するために欠かせないものであります。それだけではなく呼吸と心の安定性というのは深く関連していることもわかっています。そのように心身ともに必要不可欠なものを長年放置しており、ベストなパフォーマンスを発揮することが出来ていないということはありませんか?何かをやるうえでは常に自分自身の能力を最大限に発揮しなければ非常に効率が悪く、無駄な時間ばかりを過ごすことになってしまいます。 実際、私自身も幼いころから慢性副鼻腔炎に悩まされ、定期的に耳鼻科に通院し処方された鼻スプレーを常に持ち歩くという生活をしておりました。親からはこの症状を完治するには鼻の中の歪みを直すため、鼻の左右の穴を仕切る弁を切り取り長さを調整する手術が必要だと言われてきました。しかし、手術をしたくないと思っており、他に何か手段はないかと長年調べていくと様々なセルフケアがあることがわかり実践してみることにしました。
学校で学ばないこと

新型コロナウイルスについて知っておくべき3つのこと

新型コロナウイルス感染症というのは「COVID-19」という名前の病気です。「COronaVIrus」(コロナウイルス)が2019年に流行したということで、「COVID-19」と名付けられました。 コロナウイルスというのはこれまでに判明していただけで6種類ありそのうち4種類が風邪の原因とされてきました。残りの2種類は「SARS」と「MARS」となり、今回発見された新型コロナウイルスというのがコロナウイルスで7番目に見つかった人に感染するウイルスとなります。
タイトルとURLをコピーしました